2014年07月25日

アナと雪の女王

職場で、アナ雪と妖怪ウォッチが爆発的流行しててですね、こっちまで刷り込まれちゃってだいたい歌えるようになっちゃったんですけどね。
ゲラゲラポー!ゲラゲラポー!あーんどレリゴー!レリゴー!がエンドレスでね。
脳内をぐるぐる回ってかなーり辛かったんですが、夏休みに入れたんで助かったです。はい。

レンタルだけど、見たよ。アナ雪。
上質なエンターティメント作品だと思います。映像は文句なしに綺麗だし楽しいし、歌もいいし。筋は他愛ないけど、そこがよかった。安心して見られるって素晴らしい。

ネタバレ配慮って、したほうがいいかな。

一応続きに。
つーか、男いらなくね?

ってツッコミたくなる筋書きが、逆に新しくてよかったです。

この前、風立ちぬも見たんだけどね、アナ雪に負けて賞を取り損ねた理由が分かった気がする。
ジブリ独特の情緒を大事にしすぎたのか、監督が描きたかったシーンを追求しすぎたせいか。
映像的に美しいとは思ったが、散漫な印象しか残らなかったんだよね。エンドロール見ながら、正直ポカーンとしてた。
アナ雪は、もう向いてる方向が正反対で、笑えよ楽しめよホラホラ、一緒に歌っちゃおうよホラホラ!!!ってスタンスで、つい乗せられちゃう感じ。

それ以前に、この二作品を比べるの自体が間違ってる気もするけど、賞っていうのはえてしてそんなもんなんでしょうね。
posted by どれみ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101947583
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック